団体交渉事例

ここでは、労働組合(ユニオン)との、過去にあった団体交渉の実際の事例をご紹介します。ただし、当事者が特定されないよう、多少の改変を加えています。


今後の団体交渉対策の参考にしてください。

労務トラブルへの発展パターン

労務トラブルが発生するきっかけとなるパターンとして多いのは、次の4類型でしょうか?


当該従業員が、
1) 協調性がなく勤務態度不良で指揮命令に従わない等の問題行動を起こす。
2) 能力不足で教育指導をしたが一向に改善しない。
3) 身体だけでなく心の部分で健康上の問題が発生した。
4) 日常生活、私生活以上のトラブルを抱えている。


そして、会社が対応に苦慮した上で、次のようなシチュエーションの時に、労働紛争が顕在化します。


1) 実際に解雇した。
2) 解雇するとの話をした。
3) 辞めてほしい旨退職勧奨した。
4) 休職期間満了で復職できないと会社が判断して退職扱いした。
5) 試用期間満了時に正規従業員にしないことにした。
6) 地位を特定して中途採用したマネージャーが能力不足で処遇を変えた。
7) 雇用契約を何度か自動更新してきたパートの契約更新をやめた。
8) 賃金をパフォーマンスに見合うように引き下げた。
9) 配置転換、転勤命令を出したときに拒否された。
10) 恒常的にサービス残業があり、年次有給休暇取得もない状況があるとき。


それでは、どのように紛争が醸造され、発生し、具体化していくのか、いくつかの団体交渉の事例を見ていきましょう。

このページの先頭へ