労働組合法上の労働組合である条件

労働組合法で定める労働組合であるためには、以下の条件を満たしていなければなりません。

  1. 労働者が主体となって組織すること
  2. 労働者が自ら進んで結成すること
  3. 労働条件の維持・改善を主目的とすること
  4. 組合規約に必要な取り決め事項を含むこと

このページの先頭へ