労働組合の組合員の範囲による種別

日本では、企業別組合が一般的ですが、他にも様々なものがあります。


労働組合の組合員の範囲による種別は以下のようになります。

  • 職業別組合
    同一の職種・職業に従事する労働者(例えば、印刷工、機械工、看護婦、教員等)が、所属する企業・団体を超えて組織する
  • 産業別組合
    労働者の熟練度や職種・職業を問わず、同一の産業(化学工業、鉄鋼業、自動車製造業等)に従事する労働者が組織する横断的組合
  • 一般労働組合
    労働者であれば、所属企業や職種、職業のいかんを問わず加入できる労働組合
  • 企業別組合
    特定の企業に所属する労働者が、職種の区別なく組織する労働組合
  • 合同労組
    一般労働組合の一形態。中小企業で働く、または働くものと考えられる労働者が、一定の地域において、超経営的に、職業・産業・職種にかかわりなく組織する労働組合

このページの先頭へ