労働組合の組合構成員による種別

労働組合の組合構成員による種別は、以下のようになります。

  • 単位組織組合
    構成員が個人。内部に独自活動を行える下部組織がない
  • 単一組織組合
    規約上、労働者の個人加入の形式をとり、かつ、その内部に独自の活動を行い得る下部組織(支部等)がある組合
    本部・・・最上部
    連合扱組合・・・本部と単位組合の中間組織
    単位扱組合・・・独自の活動を行い得る体制を備えている最下部組織
  • 連合体組織
    同一の企業、産業、地域等の範囲内の複数の単位組織組合、単一組織組合等を構成員とする組織で、構成員が当該組織に団体加盟の形式をとっている
    その機関の決定が加盟組合を拘束し得る
  • 協議体組織
    上と同じだが、加盟組合の連絡、相互援助等を目的とするにとどまり、機関決定により加盟組合を拘束することはない

このページの先頭へ