労働委員会とは

労働委員会の役割

中立・公平な立場で、労働組合、使用者間の問題の解決を援助し、労使関係の安定を図るため、設置されている行政機関です。

労働委員会には、都道府県労働委員会と中央労働委員会があります。

地方労働委員会は、都道府県ごとに設けられ、その区域内の労使紛争や不当労働行為などを取り扱います。

中央労働委員会は、二つ以上の都道府県にわたったり、全国的に重要な事件や都道府県労働委員会が行った不当労働行為の判定の再審査を取り扱います。

このページの先頭へ