退職した従業員が労働組合を結成したら?

Answer

雇用関係が消滅したことを理由として団体交渉を拒否することできません。


団体交渉を拒否した場合、不当労働行為となる可能性が非常に大きいでしょう。


しかし、使用者は団体交渉には応じる義務はありますが、解雇の撤回に応じる必要はありません。


また、解雇された者が加盟した合同労組からの団体交渉申し入れは、その退職した従業員が解雇後、「社会通念上合理的な期間」に行う必要があり、著しく時期が経過している場合は拒否出来るとの判例もでています。

このページの先頭へ