労働組合のメリット

数を頼りに使用者との交渉を有利に進めようというのは当然ですが、労働組合の最大のメリットは、その活動が法律で守られていることです。


たとえば、解雇通知を受けたり、転勤命令を受けて会社と交渉したいと思っても、会社側が話し合いに応じなければ、いつまでたっても、らちがあきません。


ところが、労働組合が団体交渉を申し込んだときに、会社側がこれを拒否した場合、それは法律違反(労働組合法第7条2項)となる可能性があります。


とりわけ、企業倒産などの危機的状況下では、個人で会社と交渉することは、ほとんど不可能なので、同じ境遇に置かれた人たちが労働組合に結集して行動することになります。

このページの先頭へ