団交前の予備折衝

何のルールも決めないで団体交渉をもっても、いわゆる大衆団交になったり、議論がまとまらなかったりします。


そこで、団体交渉の開始にあたっては、予備折衝において、担当者数およびその氏名、交渉事項、日時、場所、時間について協議するのが通常です。


ただし、この条件設定において、使用者側が特段理由がない条件設定に固執すると、それ自体が団交拒否とされる可能性があります。

このページの先頭へ