労働協約の当事者の変更・消滅

当事者の変更・消滅は、一般に既存の労働協約の存続に影響を与えます。


具体的には、労働組合の組織変更、組織合同、解散、労働協約締結能力の喪失や、営業譲渡等による使用者の交替、法人の合併・解散等があります。


このように労働協約締結当事者のどちらか一方の変更・消滅により、労働協約が効力を失うこともあります。

このページの先頭へ